パグンサン「クラブ11本」で初V・全英切符 アマもお手本に

公開日: 更新日:

【ミズノオープン】最終日  

 逃げ切りで日本ツアー初優勝のジュビック・パグンサン(43=フィリピン)がユニークだった。

 キャディーをつけず、軽量キャディーバッグを自ら担いで、クラブも自分で拭いた。そしてバッグにはドライバー、3W、UT、5I、7I、9I、PW、ウエッジ(50度、52度、58度)にパターの11本しか入っていなかった。

 クラブデザイナーの高橋治氏がこう言う。

「ルールでは14本まで使用が認められていますが、パグンサンは少ないクラブでもロフトを立てて飛ばしたり、寝かして飛ばさなかったりと技が豊富なのです。だから海外の選手はトラブルに見舞われてもうまく対処できる。その一方で、日本選手は進化したクラブに頼りすぎてオートマチックなゴルフになっている。昔のプロはPW1本でいろんな距離を打ち分けることができましたが、今はプロならではの技が見られなくなっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る