巨人・菅野が3敗目…危険な“ぶっつけ復帰”で払う3つの代償

公開日: 更新日:

 右肘違和感で離脱していた巨人のエース菅野智之(31)が、約1カ月ぶりに復帰登板を果たした。

 6日の日本ハム戦に先発。初回に先制を許し、二回には王にソロ本塁打を浴びて5回3安打2失点で降板。球数は90球で3敗目(2勝)を喫することとなった。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 試合前に「行けるところまで行ってもらう」と話していた宮本投手チーフコーチは「右打者へのクロス、インサイドが良かった。球数は多かったけど、久しぶりなので仕方ない。次回もぜひお願いしたい」と及第点。

 今季は開幕以来、一塁側のプレートを踏んでいたが、この日は真ん中より三塁側を踏んで投球した。同コーチは「一塁側だとクロス気味にスライダーを投げたり、肘に負担がかかる。負担軽減のためとみている」と説明した。まだ万全ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る