著者のコラム一覧
藤井瑞希バトミントン選手

1988年、熊本県出身。青森山田高3年時に1学年後輩の垣岩令佳とダブルスを組み、インターハイ優勝。シングルスと団体も制し、25年ぶりの3冠達成という快挙を果たした。垣岩と出場した2012年のロンドン五輪女子ダブルスで銀メダルを獲得。日本バドミントン史上初となる表彰台に立ち、「フジカキ」として一躍脚光を浴びた。19年に引退。東京トリップ所属。

スポーツ界のレジェンドに祝福され「え?どんだけ偉くなったんだ?」

公開日: 更新日:

 表彰式を終えて記者会見など、一通りの行事を済ませてウェンブリー・アリーナ近くのホテルに戻ると、チームが打ち上げを兼ねた祝勝会を開いてくれました。代表メンバー、スタッフ全員から祝福されたのは覚えているのですが、私の中には8月7日に帰国するまでの記憶がほとんどありません。

 メダルを手にして初めて分かったことですが、メダリストは大会期間中から帰国後も、しばらくは多忙なスケジュールに追われるのです。

 ロンドンでは、まずJОC(日本オリンピック委員会)が統括拠点として選手村の近くに設置した「ジャパンハウス」にあいさつに出向きました。ジャパンハウスには上村春樹選手団団長、橋本聖子副団長らが顔を揃え、日本バドミントン初のメダル獲得に「よく頑張った」と喜んでくれました。上村団長(1976年モントリオール五輪柔道無差別級金メダル)はじめ、選手団の役員は現役時代に実績を残した方々ばかり。日本のスポーツ界のレジェンドから祝福された喜びはもちろんありましたが、「え? 何これ? 私たち、どんだけ偉くなったんだ!?」と戸惑いの方が大きかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる