大谷翔平はアスレチック戦で8K奪うも5勝目ならず…「リアル二刀流」はあと4試合

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間20日のアスレチックス戦(オークランド)に先発。「2番・投手」のリアル二刀流でオーダーに名を連ね、六回96球を投げて3安打無失点、4連続を含む8三振を奪う好投も、打線の援護なくメジャー自己最多の5勝目はお預けとなった。打撃では4打数1安打だった。

 この試合の前まで14試合に登板し、4勝1敗、防御率3.21。投球回数は新人王を受賞したメジャー1年目の51回3分の2を上回り、メジャー自己最多を更新中だ。

 2018年オフに肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けた大谷は翌19年、DHに専念、昨季わずか2試合に登板しただけ。リアル二刀流をこなす今季が実質、投手復帰1年目となる。TJ手術を受けた投手は通常、患部への負担を考慮され、戦列復帰した年は年間の投球回数を制限されるのが一般的だ。個人差はあるものの、開幕からローテーション入りした先発投手の場合、多くて150イニング前後に抑えられ、エース級の証しとされる30試合、200イニングに登板するケースはまれだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る