鈴木誠也にも怒りの矛先が…小柄なエース右腕は同僚への批判も辞さない

公開日: 更新日:

 日本人ルーキーにとって頼りになりそうなのが、ベテラン外野手のジェイソン・ヘイワード(32)だ。

 鈴木の加入で昨季まで定位置だった右翼から中堅にコンバート。ルーキーにポジションを奪われたが、ヘイワード本人は「外野ならどこでも守れるから心配はいらないよ」と話し、首脳陣からの配置転換を打診された際、二つ返事で了承したという。過去にも1度、中堅にコンバートされたことがあるだけに「自分のことよりも誠也をバックアップするつもりだ。彼が実力を発揮できるなら何でも協力するよ」とサポートを惜しまない。

 2015年12月に8年224億円でFA移籍。打撃では期待を裏切り続けているが、守備力は健在。これまで5度のゴールドグラブに選出されており、カブス移籍後は2年連続(16、17年)で栄誉を手にしている。

 自身の不振が続いてもベテランらしくベンチやクラブハウスの盛り上げ役を務めている。マドン前監督(現エンゼルス)、ロス現監督と指揮官の信頼も厚く、若手選手からはアドバイスを求められることも多いという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路