カブス本拠地の風速は最大25mを記録 外野手・鈴木誠也にシカゴは厄介な“強風の街”

公開日: 更新日:

 リグレーフィールドは1914年に開場したナ・リーグ最古の球場。伝統を重んじる米国のファンの間では人気の高いボールパークのひとつだが、選手にとっては対応が難しいことで知られる。

 シカゴ市は五大湖のひとつ、ミシガン湖に近く、強い季節風が吹く「ウインディーシティー」の異名を取る。球場の風速は最大でハリケーン並みの25メートルを記録することもあり、試合中も風の影響をもろに受け、打球の勢いは風向きによって大きく左右される。

 傾向として気温が低い開幕から5月までは外野から本塁に向かう向かい風、逆に暑さが増す7~8月は追い風となる。毎年、向かい風の5月までは本塁打が出にくく、追い風の夏場は一転して長打が増える。1試合平均本塁打数は毎年、4、5月が0本台にとどまっているが、夏になると1本台半ばに達する。

 移籍1年目でメジャーの投手に不慣れな鈴木は開幕からしばらくは完璧に捉えたつもりでもフェンス手前で打球が失速するなど、感覚とのギャップに悩まされかねない。飛距離を追い求めれば、打撃フォームを崩す恐れもあり、相手バッテリーだけでなく、本拠地の特性との戦いも強いられる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」