大谷翔平「エ軍残留」は大正解! トレード移籍なら“リアル二刀流”の保証はどこもナシ

公開日: 更新日:

 海の向こうのエンゼルスが、とんでもないことになっている。

 日本時間24日のブレーブス戦に「1番・DH」で出場した大谷翔平(28)が9試合ぶりの20号ソロ本塁打。20号到達は2年連続3度目と気を吐いたにもかかわらず、チームは5連敗。借金は今季ワーストの「16」に膨らんで、24日現在、地区首位のアストロズから23.5ゲーム離された4位に低迷している。

 投げてはチームトップの9勝(5敗)。打っては主砲トラウト(30)の24本に次ぐ20本塁打。投打の二刀流でフル回転しながら、同25日のブレーブス戦に勝利するまでは、大谷の登板日以外の試合は14連敗の体たらくだった。

 まさに孤軍奮闘というところにもってきて、24日、エンゼルスは大谷獲得に興味を示している複数球団に対し、日本時間8月3日のトレード期限前に商談に応じる意思がない、との報道があったから反響は大きかった。

■現地メディアやファンは「自由にしてやれ」と球団批判

 MLB公式ウェブサイトのジョン・モロシ記者が「複数球団が大谷獲得に関心を示しているが、エンゼルスにはトレード期限までに放出する考えはない」とツイートしたとたん、「えー!」「ウソだろ」という声が続出。エンゼルスはいまこそ大谷をトレードすべきとの意見が同ウェブサイトでも報じられていただけに、ファンからも「大谷を自由にしてやれ」といった意見が相次いだ。

 しかし、大谷本人にとって、このままエンゼルスでプレーすることは本当にマイナスか。

 トレードに関して大谷は、「僕の気持ちより球団がどうするか。左右できないところに対して自分ができることをやりたい」と話している。トレードの主導権はあくまでも球団にある。自分がどうにかできるものではないから、自分にできるのはグラウンドで結果を出すことだけだと言いたいのだろうが、実際、このままエンゼルスに残るのがベストではないか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?