春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

疑惑の高橋治之元理事への活動費9億円と突出 偶像のための五輪などあってはならない

公開日: 更新日:

 東京五輪2020招致活動費の明細には、多数のコンサルタントへの支払いが記録されているが、渦中の高橋治之氏の会社「コモンズ」への活動費は突出している。約9億円は相当な額である。

 五輪開催都市は約100人の国際オリンピック委員会(IOC)委員の投票で決まるが、中でもアフリカ出身の委員の票は浮動票といわれ、その集票が招致成功の可否に大きく関わる。

 しかし、このアフリカ票にアプローチできる日本人は少ない。当時IOC委員でもあり、国際陸連会長でもあったラミン・ディアク氏と世界陸上のマーケティングで密接な関係にあることをアピールし、高橋氏はアフリカ票を請け負った。その結果、招致に成功したと見える。本当にアフリカ票が入ったかどうかは誰にも分からないが。

 高橋氏は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会設立当初の最後の理事だった。14年6月5日、組織委の評議員会は決まってなかった35人目の理事に高橋氏を選んだ。電通は組織委の国内マーケティング活動を担う専任代理店に選ばれていたが、電通側からの人材が決まらなかった事情が垣間見える。結果、既に電通を退いている高橋氏が選ばれた。それによって高橋氏は組織委理事の立場で電通に対することができ、また、組織委には全てを任せている電通を仕切れる人と映る。電通を退いても力を保持できることになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声