タイでの指導者人生は「思いもよらなかった」スタートに

公開日: 更新日:

 2016年クラブW杯(CWC)決勝でレアル・マドリード相手に一歩も引かない戦いを披瀝した日本人指導者が、サッカー熱の凄まじいタイで素晴らしい結果を残した。

 タイ1部のブリーラムを率いる石井正忠監督(55)が、2021/22年シーズンのリーグ戦、FA杯、リーグ杯の国内主要3タイトルを総ナメにしたのだ。

 シーズンオフに日本に一時帰国して束の間の休日を過ごし、現在は8月12日に開幕する2022/2023年シーズンを前に現地タイでチーム強化に余念がない石井監督に鹿島アントラーズの監督時代、浪人時代、運命的なタイへの転身、コロナ禍での異国生活、そしてサッカー人としての将来の夢などを語ってもらった。

■シーズン中に強豪ブリーラム移籍

 タイ1部の中堅サムットプラーカーンシティで采配を揮っていた石井監督の元にリーグ優勝7回を誇り、ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)でも上位に食い込んだ強豪ブリーラムからオファーが届き、シーズン真っ只中の2021年12月に新天地に赴いた。

「自分の指導者人生にとって大きなオファーでした。サムットプラカーンシティの女性オーナーから『オファーが届いている』と知らされ、ぜひチャレンジしたいという思いを正直に伝えました。リーグ戦首位のチームを引き継いだわけですから、何よりもリーグ優勝でシーズンを終えることが、私の最大のミッションと心得ました。最終節の1試合を残してリーグ優勝を果たし、続いてFA杯を制しました。そしてリーグ杯の頂点に立ったことで3冠を達成することができました。どの国であっても3冠というのは難しいものだと思います。指導者として大きな自信を得ることができました」

■選手と監督の両方でJ1優勝

 鹿島の創設メンバーだった石井監督は1998年に現役を引退。指導者の道に入り、2015年シーズン中の7月にトニーニョ・セレーゾ監督の後任として監督に就任した。

 常勝軍団・鹿島にあって初代監督の宮本征勝氏(故人)以来、21年ぶりの日本人監督だ。同年のリーグ杯を制覇。2016年にはJリーグ年間優勝を達成。Jリーグ史上初の「選手と監督の両方で年間優勝経験者」となった。

 同年12月に日本で開催されたCWCの決勝でレアル・マドリードに惜敗したが、アジア勢初のCWCファイナリストとなった。しかし、翌シーズンは成績不振などを理由に2017年5月、鹿島の監督を退くことになり、シーズン終盤に就任した大宮アルディージャの監督を2018年も務めたが、シーズン後に退任となった。 

 約1年のブランクの後、次なるステージは「思いもよらなかった」(石井監督)タイで指導者人生をリスタートさせた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声