千賀滉大への影響は…“渋チン球団”マーリンズ「先発投手バーゲンセール」の波紋

公開日: 更新日:

 ソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す千賀滉大(29)の各球団との交渉が大詰めを迎えている。

 メジャーでは日本時間5日、30球団のフロントや代理人が一堂に会するウインターミーティング(カリフォルニア州サンディエゴ)が開幕。千賀の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏は各球団から具体的なオファーを受けるとみられる。

 4日には今オフのFA市場の目玉投手の一人とされた右腕のジェイコブ・デグロム(前メッツ)がレンジャーズと合意。千賀も早期契約を目指しているとされるが、ここにきて日本人右腕の動向に影響を及ぼしかねない事態が生じている。

■サイ・ヤング賞右腕以外の先発放出へ

 低予算で運営し、今オフのチーム再編を目指すマーリンズが今季のサイ・ヤング賞でエース右腕のサンディ・アルカンタラ(27=14勝9敗、防御率2.28)だけを残し、他の先発投手を放出する方針を明らかにした。

 マ軍の先発はアルカンタラ以外にも、好投手が揃う。昨季のナ・リーグ新人王投票で2位だった左腕ロジャース(25=4勝11敗、防御率5.47)、5年目で初の2ケタ勝利をマークした右腕ロペス(26=10勝10敗、防御率3.75)の2人を筆頭に若手の有望株ばかりだ。ポストシーズン進出の可能性を残していた今年の夏場には他球団から実績のあるベテランとの交換でトレードの打診が殺到したという。

 トレード要員とされたマ軍の投手はいずれもFA権取得前で、年俸も格安。年俸が安いうえに将来性がある投手だけに、トレード市場で争奪戦に発展、これまで千賀獲得に乗り気だったメッツ、ジャイアンツ、パドレス、カブスなどが方針転換する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき