アMVPジャッジ巡りタンパリング疑惑が…不正交渉が千賀と大谷にも飛び火する可能性

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)との一騎打ちを制してア・リーグMVPに選ばれたヤンキースのアーロン・ジャッジ(30)にタンパリング疑惑が浮上している。

 ニューヨークのスポーツメディア「SNY」(電子版)によれば、今オフのFA市場の目玉であるジャッジの条件を低く抑えるため、メジャーを代表する金満球団のヤンキースとメッツのオーナー同士が“価格カルテル”を結んでいたという。

 この報道を受けて大リーグ選手会は、選手の年俸を不当に抑制する行為だと批難。ロブ・マンフレッド・コミッショナーは報道を否定しながらも、「選手会側の主張は理解できる。(両球団に)共謀があったのかハッキリしたい」と、事実関係を調査すると明かした。

 ジャッジを巡っては、ヤンキース、メッツに加え、ドジャース、ジャイアンツといった資金力豊富な球団が関心を寄せており、契約規模は総額2億ドル(約280億円)超と予想されている。マネーゲームに発展しかねないだけに、獲得を狙う球団同士が共謀して金額の高騰を避けようとしたのだろうが、日本人選手も「対岸の火事」と見過ごせない。メジャーでは、これまでもジャッジのようにFAの目玉選手の交渉過程で、価格カルテルが横行しているとの噂が絶えなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由