カブスの本気は大谷翔平に届くか?総額5億ドル規模の大型契約&オプアウト容認で条件提示

公開日: 更新日:

 FA市場の目玉である大谷翔平(29=エンゼルスからFA)の交渉が本格化してきた。

 大谷を巡ってはドジャース、メッツなど資金力豊富な複数の球団が関心を寄せる中、カブスの条件提示が明らかになった。

 複数の米メディアが日本時間27日に報じたところによれば、ナ・リーグ中地区の老舗球団は契約破棄(オプトアウト)を認める条項を盛り込むという。シカゴのラジオ局「670 ザ・スコア」によれば、カブスは総額5億ドル規模の契約を提示すると予想。2025年のシーズン終了後にも、大谷が希望すればオプトアウトを容認するという。

 今年9月に右肘靱帯を修復する手術を受けた大谷は来季は打者限定で出場し、リハビリが順調なら25年の投手復帰を目指している。

 大谷自身は二刀流継続を希望しており、マウンドに復帰してからのパフォーマンス次第では今オフ以上に市場価値が高騰する可能性はある。

 16年以来8年ぶりの世界一を目指すカブスが大谷獲得に本腰を入れ始めた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク