鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

司令塔・長谷川唯をよりゴールに近い位置で起用すべき 2年連続五輪出場も、なでしこには明確な課題

公開日: 更新日:

 なでしこジャパンがパリ五輪アジア最終予選で難敵の北朝鮮代表を振り切り、2大会連続6回目の五輪出場を決めた。

 中立地サウジアラビア開催の第1戦がスコアレスドロー。ホームでの第2戦を2-1で勝利したことで五輪行きを決めたわけだが、2試合ともGK山下杏也加(28=INAC神戸)の好セーブがなければ、五輪出場がかなわなかった可能性もあった。実力上位のなでしこ苦戦の原因は明白だ。

「迫力のある攻撃が見られない」「ゴール枠内を捉える決定力不足」「絶対的なエースFW不在」「シュートを狙っていく積極性の欠如」──。

 言うまでもないことだが、サッカーは点を取り合うゲームである。どんなに堅い守りを誇ろうとも、無得点では勝ち点3を稼ぐことはできない。

 五輪本番は、北朝鮮戦の招集メンバーが軸になり、基本布陣は昨夏のW杯で機能した3DFシステムで臨むだろう。

 課題の「得点力不足」をどうやって解消するか? 北朝鮮戦でDFラインの前でボランチとして攻守に奔走し、ゲームをコントロールした英マンチェスター・シティー所属のMF長谷川唯(27)を相手ゴールにより近い位置に変え、攻撃の差配役を任せることである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮