北朝鮮撃破でパリ五輪切符獲得も…なでしこが直面する人気、実力の「氷河期」突入

公開日: 更新日:

 サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)が28日、国立競技場で行われた五輪最終予選・第2戦で北朝鮮を2-1で下し、7月26日に開幕するパリ五輪の出場権を得た。

 前半26分、クロスバーに当たって跳ね返ったボールをDF高橋が左足で押し込んで先制すると、後半31分にはMF藤野が追加点を奪う。後半36分に北朝鮮に1点返されるも、再三のピンチをなんとか凌ぎ、2大会連続6回目の五輪出場を決めた。池田太監督は「一番良い色のメダルを目指して全員で戦います」と涙目でコメントした。

 もっとも、パリ五輪では、強豪相手に苦戦の連続が予想され、8強止まりだった2021年東京五輪以上に早期敗退の危険性がある。なでしこ初代専任監督の鈴木良平氏が「日本は欧州各国リーグでプレーするする好タレントを揃え、攻守に充実したチームに仕上がってはいますが……」と前置きして続ける。

「女子サッカーは世界ランク1位スペイン、2位アメリカ、3位フランスの3カ国が図抜けており、突破力や決定力、リードしてからの逃げ切り方など課題を抱える日本は、ランク上位国相手に厳しい戦いを強いられる。新興国も不気味です。23年W杯では当時、ランク25位のコロンビアや40位台だったナイジェリアやジャマイカ、50位台の南アフリカ、70位のモロッコが決勝トーナメント進出を果たした。アフリカや中南米勢にも気の抜けない戦いの連続となるでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ