「未来の漢方」津田篤太郎、森まゆみ著

公開日:  更新日:

<西洋医学と漢方のちがい>

 07年に免疫疾患の原田病にかかった森氏が、西洋医学と漢方の双方に通じた主治医・津田氏に総合治療としての漢方について教わる健康対談。

 原田病を発病した森氏は、ステロイド投与で失明を免れたが、その後のめまいなどの不具合が良くなることはなく、津田氏の患者になったという。そうした免疫疾患などを例に西洋医学と漢方の違いを解説。西洋医は、検査や身体所見で客観的な異常が出てこないと動きづらいが、漢方では患者の自覚症状だけでも何らかの手を差し伸べる方策がたてられるという。

 漢方では健康や病気をどうとらえるのかといった基本から治療の実際まで、西洋医学と漢方という二元論を超えて、漢方のこれまでとこれからを論じる。
(亜紀書房 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る