• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未来の漢方」津田篤太郎、森まゆみ著

<西洋医学と漢方のちがい>

 07年に免疫疾患の原田病にかかった森氏が、西洋医学と漢方の双方に通じた主治医・津田氏に総合治療としての漢方について教わる健康対談。

 原田病を発病した森氏は、ステロイド投与で失明を免れたが、その後のめまいなどの不具合が良くなることはなく、津田氏の患者になったという。そうした免疫疾患などを例に西洋医学と漢方の違いを解説。西洋医は、検査や身体所見で客観的な異常が出てこないと動きづらいが、漢方では患者の自覚症状だけでも何らかの手を差し伸べる方策がたてられるという。

 漢方では健康や病気をどうとらえるのかといった基本から治療の実際まで、西洋医学と漢方という二元論を超えて、漢方のこれまでとこれからを論じる。
(亜紀書房 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る