「未来の漢方」津田篤太郎、森まゆみ著

公開日: 更新日:

<西洋医学と漢方のちがい>

 07年に免疫疾患の原田病にかかった森氏が、西洋医学と漢方の双方に通じた主治医・津田氏に総合治療としての漢方について教わる健康対談。

 原田病を発病した森氏は、ステロイド投与で失明を免れたが、その後のめまいなどの不具合が良くなることはなく、津田氏の患者になったという。そうした免疫疾患などを例に西洋医学と漢方の違いを解説。西洋医は、検査や身体所見で客観的な異常が出てこないと動きづらいが、漢方では患者の自覚症状だけでも何らかの手を差し伸べる方策がたてられるという。

 漢方では健康や病気をどうとらえるのかといった基本から治療の実際まで、西洋医学と漢方という二元論を超えて、漢方のこれまでとこれからを論じる。
(亜紀書房 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る