「御家人やくざと無頼犬お笑いくだされ」沖田正午著

公開日:  更新日:

<不良侍と野良犬異色のコンビ>

 天保11年5月、白九郎はやくざ者に追われ、あやうく川に落ちるところを野良犬に助けられる。牙が黒いその犬は、なんと白九郎に話しかけてきた。牙黒と名付けたその犬と話が出来るのは自分だけのようだ。聞くと、牙黒は数年前にエサにありつけずに弱っているところを白九郎に助けられ、その恩返しの機会を待っていたという。親から勘当され、賭場荒らしで食いつないできた白九郎は牙黒に諭され生活を改める決意をする。さらに、牙黒からおはぐろを入れられた経緯を聞き、憤慨した白九郎は、その元凶である旗本を懲らしめるために一肌脱ぐことに。

 不良侍と野良犬のコンビが活躍する痛快時代小説。
(徳間書店 619円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る