「御家人やくざと無頼犬お笑いくだされ」沖田正午著

公開日: 更新日:

<不良侍と野良犬異色のコンビ>

 天保11年5月、白九郎はやくざ者に追われ、あやうく川に落ちるところを野良犬に助けられる。牙が黒いその犬は、なんと白九郎に話しかけてきた。牙黒と名付けたその犬と話が出来るのは自分だけのようだ。聞くと、牙黒は数年前にエサにありつけずに弱っているところを白九郎に助けられ、その恩返しの機会を待っていたという。親から勘当され、賭場荒らしで食いつないできた白九郎は牙黒に諭され生活を改める決意をする。さらに、牙黒からおはぐろを入れられた経緯を聞き、憤慨した白九郎は、その元凶である旗本を懲らしめるために一肌脱ぐことに。

 不良侍と野良犬のコンビが活躍する痛快時代小説。
(徳間書店 619円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る