「人に強くなる極意」佐藤優著

公開日:  更新日:

<変化の時代に対峙できる人間力の磨き方>

 世界ではヒト・モノ・カネが国境を越えて行き来し、国内では国家機能の強化を図ろうとする動きが露骨に見られる今、日本に住む私たちは今までに経験したことのないような大きな変化の時代を生きている。本書は、そんな時代にサバイバルできる人間力とは何かを具体的に考察したもの。
「怒らない」「びびらない」「飾らない」「侮らない」「断らない」「お金に振り回されない」「あきらめない」「先送りしない」の8つの章を掲げ、どんな状況にも対峙できるずぶとい人間になるための極意を伝授している。

 たとえば「侮らない」の章では、陸山会事件で捜査報告書の虚偽記載が問題になった件を取り上げ、大きな組織に対する個人の身の処し方を解説。いざ事が起きれば組織は自己保身のために一番末端の人間から切っていくことを自覚した上で、領収書の取り扱いや経理・庶務・人事面での社内の変化の潮目に気を配ること、メール確認など細かな仕事のメンテナンスをおろそかにしないことなど具体的な提案をしている。

 各章最後には、章のテーマを深めるための参考図書の紹介コラムも付いている。
(青春出版社 838円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る