「もの忘れは治る!」奥村歩著

公開日: 更新日:

 若年性認知症を題材としたテレビや書籍を見ると、もの忘れが始まる中高年は“自分ももしや……”と恐ろしくなってしまう。しかし、もの忘れ外来を開設する著者は、40~60代の働き盛りのもの忘れの多くは認知症とは無関係であり、ちょっとした工夫で治すことができるとしている。

 この世代のもの忘れの原因のひとつに、インターネットによる情報過多があるという。例えば、本を3時間読み続けるのは難しいが、ネットを見ていると3時間などあっという間だ。すると、予期せぬ膨大な量の情報を詰め込まれた脳は、疲弊して記憶の出し入れを放棄してしまうのだという。

 本当に必要な情報は何かを吟味し、だらだらとネットを見るのをやめる。もの忘れ解消の第一歩だ。
(さくら舎 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る