「太安万侶の暗号(ヤスマロコード)(四)」園田豪著

公開日:  更新日:

<倭の五王時代を描く古代小説>

 秦の始皇帝の後裔・弓月は、女王が治めるという倭の国の噂を耳にする。不毛な帯方郡に隠れ住む弓月は、自分たちの知識や技術を売り込んで帰化を申請。先遣隊として自ら兵を率いて倭を目指す。だが、迷い込んだ新羅で行く手を阻まれ、人質をとられて彼らに従う。新羅の朝貢に同行した弓月は、倭の品陀別天皇に申請を取り下げ、新羅に帰化すると申し出る。弓月の言葉に不審を抱き真相を知った天皇は、襲津彦を指揮官として派遣し人質を奪還。弓月らは天皇から与えられた腋上の地で仲間を迎える準備を進める。

 歴史の闇に消し去られた倭の五王時代を描く古代小説シリーズ第4弾。
(郁朋社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る