• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「太安万侶の暗号(ヤスマロコード)(四)」園田豪著

<倭の五王時代を描く古代小説>

 秦の始皇帝の後裔・弓月は、女王が治めるという倭の国の噂を耳にする。不毛な帯方郡に隠れ住む弓月は、自分たちの知識や技術を売り込んで帰化を申請。先遣隊として自ら兵を率いて倭を目指す。だが、迷い込んだ新羅で行く手を阻まれ、人質をとられて彼らに従う。新羅の朝貢に同行した弓月は、倭の品陀別天皇に申請を取り下げ、新羅に帰化すると申し出る。弓月の言葉に不審を抱き真相を知った天皇は、襲津彦を指揮官として派遣し人質を奪還。弓月らは天皇から与えられた腋上の地で仲間を迎える準備を進める。

 歴史の闇に消し去られた倭の五王時代を描く古代小説シリーズ第4弾。
(郁朋社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る