「太安万侶の暗号(ヤスマロコード)(四)」園田豪著

公開日:  更新日:

<倭の五王時代を描く古代小説>

 秦の始皇帝の後裔・弓月は、女王が治めるという倭の国の噂を耳にする。不毛な帯方郡に隠れ住む弓月は、自分たちの知識や技術を売り込んで帰化を申請。先遣隊として自ら兵を率いて倭を目指す。だが、迷い込んだ新羅で行く手を阻まれ、人質をとられて彼らに従う。新羅の朝貢に同行した弓月は、倭の品陀別天皇に申請を取り下げ、新羅に帰化すると申し出る。弓月の言葉に不審を抱き真相を知った天皇は、襲津彦を指揮官として派遣し人質を奪還。弓月らは天皇から与えられた腋上の地で仲間を迎える準備を進める。

 歴史の闇に消し去られた倭の五王時代を描く古代小説シリーズ第4弾。
(郁朋社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る