「疾風ロンド」東野圭吾著

公開日: 更新日:

■生物兵器K-55を追え

 泰鵬大学医科学研究所の所長・東郷に脅迫メールが届く。3億円を要求してきた犯人のメールには、雪山に埋めた「K―55」の写真が添付されていた。K―55は元研究員の葛原が炭疽菌を加工して作りだした生物兵器だ。犯人は、その存在が発覚して解雇された葛原だと思われた。対応に頭を悩ます東郷に警察から葛原の身元確認の電話が入る。聞くと、葛原が交通事故死したという。古参研究員の栗林は、東郷に命じられK―55の行方を捜す。スノーボードに熱中する息子の秀人の協力で、写真の場所が里沢温泉スキー場と判明。栗林は秀人を伴いK―55を回収するためスキー場に向かうが……。

 スキー場を舞台にしたノンストップミステリー。
(実業之日本社 648円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る