• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「天才!いろは歌留多 アラーキー洒落語録」荒木経惟著

■昔は旦那、いま電マ

 応募してきた人妻のヌードを撮る週刊誌の連載で今まで700人以上を撮影してきた著者。本書は、その撮影中に人妻と交わした会話を彼女たちのヌードと共に紹介する。

 著者の小学校時代の同級生だったという亡夫の勧めで広島から応募した明子さんはなんと68歳。彼女が60歳を過ぎて年下と再婚したと聞いた氏は、「いい女は、いくつになっても、いい女だよ。女房と味噌は古いほうがいい」と断言。スル回数は少ないくせに、毎日、下の毛を剃ってくれるという夫と暮らす28歳の陽子さんには、「昔は旦那、いま電マ(電気マッサージ器)! イケればいいじゃない」など。48人を相手に生まれた名言の数々を収録。
(双葉社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る