「天才!いろは歌留多 アラーキー洒落語録」荒木経惟著

公開日:  更新日:

■昔は旦那、いま電マ

 応募してきた人妻のヌードを撮る週刊誌の連載で今まで700人以上を撮影してきた著者。本書は、その撮影中に人妻と交わした会話を彼女たちのヌードと共に紹介する。

 著者の小学校時代の同級生だったという亡夫の勧めで広島から応募した明子さんはなんと68歳。彼女が60歳を過ぎて年下と再婚したと聞いた氏は、「いい女は、いくつになっても、いい女だよ。女房と味噌は古いほうがいい」と断言。スル回数は少ないくせに、毎日、下の毛を剃ってくれるという夫と暮らす28歳の陽子さんには、「昔は旦那、いま電マ(電気マッサージ器)! イケればいいじゃない」など。48人を相手に生まれた名言の数々を収録。
(双葉社 1000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る