「書楼弔堂 破曉」京極夏彦著

公開日: 更新日:

■読まれぬ本を弔い、成仏させる「書楼弔堂」シリーズ第1弾

 時は明治20年代半ば。旗本出身の元武士、高遠は、時代の流れに乗れず、多少の財産があるのをいいことに、帝都の片隅で無為な日々を送っている。やることといえば、好きな本を読むことくらい。

 ある日、出入りの書店の丁稚小僧に教えられて、ヘンテコな本屋に足を踏み入れる。
 櫓(やぐら)か灯台のように見える3階建ての奇妙な建物で、入り口には「弔」の一字。薄暗い中に、古今東西のおびただしい書物が並んでいる。

 白装束をまとった店主は、「読まれぬ本を弔い、成仏させるのが我が宿縁」と、悩める客人を迎え入れ、読むべき一冊を探して差し出す。

「書楼弔堂」を舞台にした新シリーズ第1弾は6編。常連となった高遠を狂言回しに、実在の人物が客として登場する。血みどろの「無残絵」で知られる浮世絵師、月岡芳年。才能を開花させる前の若き泉鏡花。妖怪学を世に問うた仏教哲学者、井上円了。児童文学の扉を開いた巌谷小波。勝海舟やジョン万次郎まで現れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る