「書楼弔堂 破曉」京極夏彦著

公開日: 更新日:

■読まれぬ本を弔い、成仏させる「書楼弔堂」シリーズ第1弾

 時は明治20年代半ば。旗本出身の元武士、高遠は、時代の流れに乗れず、多少の財産があるのをいいことに、帝都の片隅で無為な日々を送っている。やることといえば、好きな本を読むことくらい。

 ある日、出入りの書店の丁稚小僧に教えられて、ヘンテコな本屋に足を踏み入れる。
 櫓(やぐら)か灯台のように見える3階建ての奇妙な建物で、入り口には「弔」の一字。薄暗い中に、古今東西のおびただしい書物が並んでいる。

 白装束をまとった店主は、「読まれぬ本を弔い、成仏させるのが我が宿縁」と、悩める客人を迎え入れ、読むべき一冊を探して差し出す。

「書楼弔堂」を舞台にした新シリーズ第1弾は6編。常連となった高遠を狂言回しに、実在の人物が客として登場する。血みどろの「無残絵」で知られる浮世絵師、月岡芳年。才能を開花させる前の若き泉鏡花。妖怪学を世に問うた仏教哲学者、井上円了。児童文学の扉を開いた巌谷小波。勝海舟やジョン万次郎まで現れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る