「ネコトピア」ローラン・ミヨ著、橋本たみえ訳

公開日: 更新日:

■帝を殺した者を後継者に

 10歳の少女アスカは、飼い猫のマイラを溺死させて以来、ありとあらゆる方法で猫を殺してきた。一方、長かった戦争を終結させ全能の天才として市民からあがめられてきた帝が遺言で、自分を殺した者を全財産の後継者に指名していることが発覚。誰かが帝を殺さなければすべての権力は消え失せると知り、帝を取り巻く委員会のメンバーは利権を失うことを恐れる。メンバーの精神分析学者が患者のアスカに帝の暗殺を依頼しようと提案。法定年齢に達していないアスカなら罪に問われることなく帝の暗殺が可能だからだ。

 原著刊行のフランスで発売禁止が提言されたほど過激な問題小説。
(幻冬舎 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード