「ネコトピア」ローラン・ミヨ著、橋本たみえ訳

公開日: 更新日:

■帝を殺した者を後継者に

 10歳の少女アスカは、飼い猫のマイラを溺死させて以来、ありとあらゆる方法で猫を殺してきた。一方、長かった戦争を終結させ全能の天才として市民からあがめられてきた帝が遺言で、自分を殺した者を全財産の後継者に指名していることが発覚。誰かが帝を殺さなければすべての権力は消え失せると知り、帝を取り巻く委員会のメンバーは利権を失うことを恐れる。メンバーの精神分析学者が患者のアスカに帝の暗殺を依頼しようと提案。法定年齢に達していないアスカなら罪に問われることなく帝の暗殺が可能だからだ。

 原著刊行のフランスで発売禁止が提言されたほど過激な問題小説。
(幻冬舎 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る