「ジャーニー・ボーイ」高橋克彦著

公開日:  更新日:

■東北を舞台に描くピストル・ボーイの活躍

 明治11年、上野の精養軒で外国人客の接待係をしていた伊藤は、“ピストル・ボーイ”の異名を持ち、外務省から英国人女性探検家、イザベラ・バードの通訳兼護衛役を依頼される。恩人でもある岸田吟香の推薦だった。外務省は、通常のルートではなく近々、御巡幸が予定されている新潟を経由して北海道に向かうというバードに警戒の目を向けていた。一方で、本国で絶大な人気があるという彼女に万一のことがあってはならない。まずは最初の目的地の日光を目指し、旅が始まった。しかし、伊藤はすぐにバードの乗った人力車を引く車夫の様子に不審を抱く。

 東北を舞台に反政府勢力の標的となったバードを守る伊藤の活躍を描く明治冒険譚。
(朝日新聞出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る