「ジャーニー・ボーイ」高橋克彦著

公開日: 更新日:

■東北を舞台に描くピストル・ボーイの活躍

 明治11年、上野の精養軒で外国人客の接待係をしていた伊藤は、“ピストル・ボーイ”の異名を持ち、外務省から英国人女性探検家、イザベラ・バードの通訳兼護衛役を依頼される。恩人でもある岸田吟香の推薦だった。外務省は、通常のルートではなく近々、御巡幸が予定されている新潟を経由して北海道に向かうというバードに警戒の目を向けていた。一方で、本国で絶大な人気があるという彼女に万一のことがあってはならない。まずは最初の目的地の日光を目指し、旅が始まった。しかし、伊藤はすぐにバードの乗った人力車を引く車夫の様子に不審を抱く。

 東北を舞台に反政府勢力の標的となったバードを守る伊藤の活躍を描く明治冒険譚。
(朝日新聞出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る