「ジャーニー・ボーイ」高橋克彦著

公開日: 更新日:

■東北を舞台に描くピストル・ボーイの活躍

 明治11年、上野の精養軒で外国人客の接待係をしていた伊藤は、“ピストル・ボーイ”の異名を持ち、外務省から英国人女性探検家、イザベラ・バードの通訳兼護衛役を依頼される。恩人でもある岸田吟香の推薦だった。外務省は、通常のルートではなく近々、御巡幸が予定されている新潟を経由して北海道に向かうというバードに警戒の目を向けていた。一方で、本国で絶大な人気があるという彼女に万一のことがあってはならない。まずは最初の目的地の日光を目指し、旅が始まった。しかし、伊藤はすぐにバードの乗った人力車を引く車夫の様子に不審を抱く。

 東北を舞台に反政府勢力の標的となったバードを守る伊藤の活躍を描く明治冒険譚。
(朝日新聞出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る