• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジャーニー・ボーイ」高橋克彦著

■東北を舞台に描くピストル・ボーイの活躍

 明治11年、上野の精養軒で外国人客の接待係をしていた伊藤は、“ピストル・ボーイ”の異名を持ち、外務省から英国人女性探検家、イザベラ・バードの通訳兼護衛役を依頼される。恩人でもある岸田吟香の推薦だった。外務省は、通常のルートではなく近々、御巡幸が予定されている新潟を経由して北海道に向かうというバードに警戒の目を向けていた。一方で、本国で絶大な人気があるという彼女に万一のことがあってはならない。まずは最初の目的地の日光を目指し、旅が始まった。しかし、伊藤はすぐにバードの乗った人力車を引く車夫の様子に不審を抱く。

 東北を舞台に反政府勢力の標的となったバードを守る伊藤の活躍を描く明治冒険譚。
(朝日新聞出版 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る