「振り込め犯罪結社」鈴木大介著

公開日:  更新日:

■発生から10年。過激化する振り込め詐欺の実態

“母さん助けて詐欺”と呼称が変わり、警察も撲滅に力を尽くしている振り込め詐欺。しかし、2013年1~9月の被害総額は337億7500万円に達し、過去最悪だった2012年の年間被害総額364億3600万円に届く勢いとなっている。

 鈴木大介著「振り込め犯罪結社」(宝島社 1300円)は、振り込め詐欺の原点となった“オレオレ詐欺”が始まった2003年直後から、“加害者”を取材し続けたルポ。得体の知れない組織がどのようにつくられ、10年でどんな変化を見せているのかを明らかにしている。

 著者が最初に出会ったのは、大学生の頃に振り込め詐欺の世界に足を踏み入れたという25歳の青年だ。パチスロにはまり、闇金から借りた50万円が返せず、取り立ての男に仕事を紹介すると連れていかれた場所が、振り込め詐欺の“養成所”だったという。5日間監禁され、電源の入っていない携帯電話で“実技訓練”を受ける。うまくできなければ殴る蹴るの暴行を受け、土下座しながら「母さん、金貸してくれ!」とやっているうちに、気分が高揚し始め、やがて“いつでも泣きながら電話ができる”という技を身に付けていったと語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る