• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「振り込め犯罪結社」鈴木大介著

■発生から10年。過激化する振り込め詐欺の実態

“母さん助けて詐欺”と呼称が変わり、警察も撲滅に力を尽くしている振り込め詐欺。しかし、2013年1~9月の被害総額は337億7500万円に達し、過去最悪だった2012年の年間被害総額364億3600万円に届く勢いとなっている。

 鈴木大介著「振り込め犯罪結社」(宝島社 1300円)は、振り込め詐欺の原点となった“オレオレ詐欺”が始まった2003年直後から、“加害者”を取材し続けたルポ。得体の知れない組織がどのようにつくられ、10年でどんな変化を見せているのかを明らかにしている。

 著者が最初に出会ったのは、大学生の頃に振り込め詐欺の世界に足を踏み入れたという25歳の青年だ。パチスロにはまり、闇金から借りた50万円が返せず、取り立ての男に仕事を紹介すると連れていかれた場所が、振り込め詐欺の“養成所”だったという。5日間監禁され、電源の入っていない携帯電話で“実技訓練”を受ける。うまくできなければ殴る蹴るの暴行を受け、土下座しながら「母さん、金貸してくれ!」とやっているうちに、気分が高揚し始め、やがて“いつでも泣きながら電話ができる”という技を身に付けていったと語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る