「奇想博物館」日本推理作家協会編

公開日: 更新日:

■短編ミステリー・ベスト15

 僕のクラスには岡田くんという問題児がいる。何か事を起こすたびに、怒り狂う校長先生や岡田くんの母親を弓子先生がなだめている。
 海外出張中のお父さんから電話があったとき、岡田くんが女の子のランドセル全部にいたずら書きしたことを話したら、誰かが悪さをしようとして女の子のランドセルに印をつけたのを分からなくするためにやったのではないかと言う。そして、弓子先生に気をつけろと告げた。(伊坂幸太郎「小さな兵隊」)
 第一線作家の「今という時代」をテーマにした短編ミステリー15編。
(光文社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る