「世界泥棒」桜井晴也著

公開日: 更新日:

■第50回文藝賞受賞作

「わたし」は、深夜の公園で真山くんから「決闘」のことを聞く。放課後の教室で行われるそれは、皆が見守る中、決闘する2人がお互いにどちらかが死ぬまで拳銃を撃ち合うのがルールだという。決闘を仕切るのは百瀬くんで、拳銃も彼が用意するらしい。決闘する2人の間には互いに憎しみはなく、キャベツとレタスはどちらがサラダに欠かせないかなどが決闘の理由だそうだ。2週間後、わたしは友人から真山くんが死んだことを教えられる。彼のバラバラ死体の写真を送ってきたその友人は、決闘のことをしゃべったから彼は百瀬くんに殺されたのだという。

 審査員の星野智幸氏が「読んだら二度と忘れないだろう」と絶賛する第50回文藝賞受賞作。
(河出書房新社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る