「世界泥棒」桜井晴也著

公開日:  更新日:

■第50回文藝賞受賞作

「わたし」は、深夜の公園で真山くんから「決闘」のことを聞く。放課後の教室で行われるそれは、皆が見守る中、決闘する2人がお互いにどちらかが死ぬまで拳銃を撃ち合うのがルールだという。決闘を仕切るのは百瀬くんで、拳銃も彼が用意するらしい。決闘する2人の間には互いに憎しみはなく、キャベツとレタスはどちらがサラダに欠かせないかなどが決闘の理由だそうだ。2週間後、わたしは友人から真山くんが死んだことを教えられる。彼のバラバラ死体の写真を送ってきたその友人は、決闘のことをしゃべったから彼は百瀬くんに殺されたのだという。

 審査員の星野智幸氏が「読んだら二度と忘れないだろう」と絶賛する第50回文藝賞受賞作。
(河出書房新社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る