「知の武装」手嶋龍一、佐藤優著

公開日:  更新日:

■外交ジャーナリストと元外務省主任分析官の対論集

 本書でいうインテリジェンスとは、単なる知性ではない。政治的リーダーが国家の命運をかけて決断を下す際のよりどころとなる情報を意味する。

 手嶋は、北朝鮮の偽ドルと兵器ビジネスの闇を描いたインテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」の著者。対する佐藤は、米ソ冷戦時代の末期にクレムリンの深層に迫ってインテリジェンス活動を行い、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた人物。2人は対論によって共通認識を深め合い、ときに意見を異にしながら、日本が抱えている重大問題に肉薄する。アジア安保の視点から東京オリンピックを論じ、尖閣問題を東アジアの台風の目として注視し、TPPを「アジア半球」の視点から俯瞰する。

 2013年5月、飯島内閣官房参与が突然訪朝した。その際に撮られた一枚の会見写真を見ながら、2人が北朝鮮の思惑を読み解いていくさまは、「インテリジェンスのプリズム」を通してものを見るケーススタディーとして興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る