日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知の武装」手嶋龍一、佐藤優著

■外交ジャーナリストと元外務省主任分析官の対論集

 本書でいうインテリジェンスとは、単なる知性ではない。政治的リーダーが国家の命運をかけて決断を下す際のよりどころとなる情報を意味する。

 手嶋は、北朝鮮の偽ドルと兵器ビジネスの闇を描いたインテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」の著者。対する佐藤は、米ソ冷戦時代の末期にクレムリンの深層に迫ってインテリジェンス活動を行い、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた人物。2人は対論によって共通認識を深め合い、ときに意見を異にしながら、日本が抱えている重大問題に肉薄する。アジア安保の視点から東京オリンピックを論じ、尖閣問題を東アジアの台風の目として注視し、TPPを「アジア半球」の視点から俯瞰する。

 2013年5月、飯島内閣官房参与が突然訪朝した。その際に撮られた一枚の会見写真を見ながら、2人が北朝鮮の思惑を読み解いていくさまは、「インテリジェンスのプリズム」を通してものを見るケーススタディーとして興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事