「知の武装」手嶋龍一、佐藤優著

公開日: 更新日:

■外交ジャーナリストと元外務省主任分析官の対論集

 本書でいうインテリジェンスとは、単なる知性ではない。政治的リーダーが国家の命運をかけて決断を下す際のよりどころとなる情報を意味する。

 手嶋は、北朝鮮の偽ドルと兵器ビジネスの闇を描いたインテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」の著者。対する佐藤は、米ソ冷戦時代の末期にクレムリンの深層に迫ってインテリジェンス活動を行い、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた人物。2人は対論によって共通認識を深め合い、ときに意見を異にしながら、日本が抱えている重大問題に肉薄する。アジア安保の視点から東京オリンピックを論じ、尖閣問題を東アジアの台風の目として注視し、TPPを「アジア半球」の視点から俯瞰する。

 2013年5月、飯島内閣官房参与が突然訪朝した。その際に撮られた一枚の会見写真を見ながら、2人が北朝鮮の思惑を読み解いていくさまは、「インテリジェンスのプリズム」を通してものを見るケーススタディーとして興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る