• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知の武装」手嶋龍一、佐藤優著

■外交ジャーナリストと元外務省主任分析官の対論集

 本書でいうインテリジェンスとは、単なる知性ではない。政治的リーダーが国家の命運をかけて決断を下す際のよりどころとなる情報を意味する。

 手嶋は、北朝鮮の偽ドルと兵器ビジネスの闇を描いたインテリジェンス小説「ウルトラ・ダラー」の著者。対する佐藤は、米ソ冷戦時代の末期にクレムリンの深層に迫ってインテリジェンス活動を行い、「外務省のラスプーチン」と呼ばれた人物。2人は対論によって共通認識を深め合い、ときに意見を異にしながら、日本が抱えている重大問題に肉薄する。アジア安保の視点から東京オリンピックを論じ、尖閣問題を東アジアの台風の目として注視し、TPPを「アジア半球」の視点から俯瞰する。

 2013年5月、飯島内閣官房参与が突然訪朝した。その際に撮られた一枚の会見写真を見ながら、2人が北朝鮮の思惑を読み解いていくさまは、「インテリジェンスのプリズム」を通してものを見るケーススタディーとして興味深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る