• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ビブリア古書堂の事件手帖5」三上延著

■売ってすぐ買い戻しに来る不思議な客

 北鎌倉のビブリア古書堂でアルバイトする大輔は、同業者の滝野から古書をテーマにした雑誌「彷書月刊」を売りに来る不思議な客の噂を耳にする。その客は、なぜか後日、手放すのをやめたと店で売られている値段で買い戻しに来るという。聞いた話を店主の栞子に伝えていると、まさにその客が彷書月刊を持ち込んできた。宮内と名乗る女性が持参した雑誌の所々に、新田という文字と小さな黒い丸印が書き込まれていた。

 数日後、大輔は常連客の志田が知人に頼まれ売却しに来た古書にも同じ丸印が書き込まれていることに気づく。(「彷書月刊」)
 大人気古書ミステリーシリーズ最新刊。
(KADOKAWA 570円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る