「ビブリア古書堂の事件手帖5」三上延著

公開日:  更新日:

■売ってすぐ買い戻しに来る不思議な客

 北鎌倉のビブリア古書堂でアルバイトする大輔は、同業者の滝野から古書をテーマにした雑誌「彷書月刊」を売りに来る不思議な客の噂を耳にする。その客は、なぜか後日、手放すのをやめたと店で売られている値段で買い戻しに来るという。聞いた話を店主の栞子に伝えていると、まさにその客が彷書月刊を持ち込んできた。宮内と名乗る女性が持参した雑誌の所々に、新田という文字と小さな黒い丸印が書き込まれていた。

 数日後、大輔は常連客の志田が知人に頼まれ売却しに来た古書にも同じ丸印が書き込まれていることに気づく。(「彷書月刊」)
 大人気古書ミステリーシリーズ最新刊。
(KADOKAWA 570円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る