「ビブリア古書堂の事件手帖5」三上延著

公開日:  更新日:

■売ってすぐ買い戻しに来る不思議な客

 北鎌倉のビブリア古書堂でアルバイトする大輔は、同業者の滝野から古書をテーマにした雑誌「彷書月刊」を売りに来る不思議な客の噂を耳にする。その客は、なぜか後日、手放すのをやめたと店で売られている値段で買い戻しに来るという。聞いた話を店主の栞子に伝えていると、まさにその客が彷書月刊を持ち込んできた。宮内と名乗る女性が持参した雑誌の所々に、新田という文字と小さな黒い丸印が書き込まれていた。

 数日後、大輔は常連客の志田が知人に頼まれ売却しに来た古書にも同じ丸印が書き込まれていることに気づく。(「彷書月刊」)
 大人気古書ミステリーシリーズ最新刊。
(KADOKAWA 570円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る