「料理僧が教えるほとけごはん」青江覚峰著

公開日:  更新日:

■食を通して学ぶ生き方

 現役僧侶が身近な「食」を通じて、仏教の教えを説く生き方エッセー。

 寺で開催しているアイマスクをして食事をする「暗闇ごはん」体験。10品ほどの料理が供される暗闇ごはんの仕掛けのひとつに、味わいの似た料理を自分の舌だけで判別する「食べ比べ」がある。正月には、西洋人参(にんじん)と金時人参、島人参を同じ味付けで調理して食べ比べるという。その食べ比べで好き嫌いを感じたとしても、人参に優劣はなく、どれもひとつの命だと教え、自身と人とを比べる心について論じていく。その他、もてなすとはどういうことかなど、旬の料理やお菓子をレシピ付きで紹介しながら、仏教の知恵を伝える。
(中央公論新社 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る