「食彩の文学事典」重金敦之著

公開日:  更新日:

■雑煮の餅に挑戦した猫

 文学作品に描かれた食の風景から、日本人が愛してきた食材や料理を語る文学エッセー。雑煮の項では、夏目漱石の「吾輩は猫である」の主人公の猫が、雑煮の餅に無謀にも挑戦する場面や、京都のすべてを愛しているが白みその雑煮だけは受け付けないと登場人物が語る北森鴻の「ぶぶ漬け伝説の謎 裏京都ミステリー」などを紹介。さらに、渡辺淳一が「雑煮の夫婦別れ」と表現し、團伊玖磨が「椀の中に日本中が映っている」と書き残したように、雑煮へのこだわりは、好みの問題ではなく、歴史と地理を物語っていることを明らかにしていく。

 文士らのエピソードも豊富に250冊を読み解きながら、彼らが描いた豊かな日本食の世界を案内。
(講談社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る