「食彩の文学事典」重金敦之著

公開日:  更新日:

■雑煮の餅に挑戦した猫

 文学作品に描かれた食の風景から、日本人が愛してきた食材や料理を語る文学エッセー。雑煮の項では、夏目漱石の「吾輩は猫である」の主人公の猫が、雑煮の餅に無謀にも挑戦する場面や、京都のすべてを愛しているが白みその雑煮だけは受け付けないと登場人物が語る北森鴻の「ぶぶ漬け伝説の謎 裏京都ミステリー」などを紹介。さらに、渡辺淳一が「雑煮の夫婦別れ」と表現し、團伊玖磨が「椀の中に日本中が映っている」と書き残したように、雑煮へのこだわりは、好みの問題ではなく、歴史と地理を物語っていることを明らかにしていく。

 文士らのエピソードも豊富に250冊を読み解きながら、彼らが描いた豊かな日本食の世界を案内。
(講談社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る