「定食と古本ゴールド」今柊二著

公開日: 更新日:

 ある土曜の午後、大森駅で降りて「東京からくり堂」に向かう。以前、訪ねたときには定休日だったのでリベンジ訪問だ。店先の均一コーナーを物色後、店内に入ると食、文学、旅行などの「香ばしいコーナー」が充実している。
 食のコーナーで見つけた戦前戦後の食を記した薄井恭一著「随筆味めぐり」を購入。書店のすぐそばの食堂「太郎」を目指すが、こちらは今日が定休日だったので、中華料理店「大興苑」の今週の定食「エビ・豆腐うま煮」に舌鼓を打つ……。
 その他、大阪や名古屋から沼津など各地方都市、そしてソウルやホノルルまで。
 定食と古書を巡る街歩きエッセー。
(本の雑誌社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  10. 10

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

もっと見る

人気キーワード