「池永康晟画集君想ふ百夜の幸福」池永康晟著

公開日:  更新日:

■画家とモデルとの濃密な時間が封じ込められた美人画集

 長年の試行錯誤の末にたどり着いた日本画技法を駆使して独自の世界を築いた美人画集。

 大胆な花柄、植物柄を背景に、同じく草花柄の衣装を身に着けた女性たちを描いたその作品は、褐色に染めた麻布にようやく見つけ出した肌色をのせ、「褐色と肌色とが織物」のような絵肌を持つ。色彩の鮮やかさを排し、セピア調の画面は、印刷されたページを通しても、どこかなまめかしい質感が伝わってくる。

 しゃがみ込み、髪を触りながらの思わせぶりの表情〈たくらむ〉や、あおむけに寝転び胸元に柔らかく手を置き一点を見つめる「恵美子」さん〈ふくらむ〉、軽やかに後ろ手に洋服の裾を摘まみ上げたり〈甘い風〉、ベッドの(ような)上でうつぶせから起き上がるように腕を立て上半身だけを持ち上げた「真喜子」さん〈蝋燭(ろうそく)〉など、描かれる女性たちは、表情やポーズを変え、何度も描かれる(〈 〉内はそれぞれの作品タイトル)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る