「池永康晟画集君想ふ百夜の幸福」池永康晟著

公開日:  更新日:

■画家とモデルとの濃密な時間が封じ込められた美人画集

 長年の試行錯誤の末にたどり着いた日本画技法を駆使して独自の世界を築いた美人画集。

 大胆な花柄、植物柄を背景に、同じく草花柄の衣装を身に着けた女性たちを描いたその作品は、褐色に染めた麻布にようやく見つけ出した肌色をのせ、「褐色と肌色とが織物」のような絵肌を持つ。色彩の鮮やかさを排し、セピア調の画面は、印刷されたページを通しても、どこかなまめかしい質感が伝わってくる。

 しゃがみ込み、髪を触りながらの思わせぶりの表情〈たくらむ〉や、あおむけに寝転び胸元に柔らかく手を置き一点を見つめる「恵美子」さん〈ふくらむ〉、軽やかに後ろ手に洋服の裾を摘まみ上げたり〈甘い風〉、ベッドの(ような)上でうつぶせから起き上がるように腕を立て上半身だけを持ち上げた「真喜子」さん〈蝋燭(ろうそく)〉など、描かれる女性たちは、表情やポーズを変え、何度も描かれる(〈 〉内はそれぞれの作品タイトル)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る