「幻影の明治」渡辺京二著

公開日:  更新日:

■風太郎作品で読み解く明治の変革期

 副題は「名もなき人びとの肖像」。明治の変革期を生き抜いた人々に光をあて、日本の転換点を描き出す評論集。

 冒頭の「山田風太郎の明治」の章では、何げなく手にしたが、その面白さから全巻を読了したという風太郎の明治開化期シリーズを読み解く。その面白さの秘密のひとつは「歴史上の著名な人物が物語の架空の仕組みの中で、虚構の人物たちと交わりあって動く」ことにあるという。樋口一葉を主人公にした「からゆき草紙」など一連の作品を読み進めながら、事実と虚構を巧妙に紡ぎ、時に当時の政治の深淵など明治新社会をリアルに描き出した風太郎の物語の根底にある批評性などを考察する。
(平凡社 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る