「許す力」伊集院静著

公開日: 更新日:

■許せない感情を生きる力に変える法

 人気ベストセラー「大人の流儀シリーズ」の第4弾。長い人生のなかでさまざまな「許しがたい出来事」に遭遇した際、大人の男としてどのように対処するべきなのかをテーマに、著者の経験をひもときながらそのヒントを探ったエッセー集だ。

 著者にとって、「許すこと」の原体験は「決して人を羨んだり、人を恨んではいけません。そういうことをしていたら哀しみの沼に沈みますよ」という母親の言葉にあった。そして許せないという、その消すことができない感情を認め、許さなくてもいいからその感情を胸中に抱いたまま生きる方法を提案する。

 大切なのは、許せないものを目の前に引っ張り出して凝視しないこと。許せないものを抱えているのは決して自分ひとりではなく、誰もが生きている限り、許せないものに出合うものだと認識することが重要だという。傷ついた感情を回復するための安易な処方箋はないものの、どんなに哀しくてもそれを内にしまって、さまざまな事情を抱えていても平然と生きていく。そのような対処によって許せないことも、いつか生きる力になると、文面から静かに語りかけてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る