• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「許す力」伊集院静著

■許せない感情を生きる力に変える法

 人気ベストセラー「大人の流儀シリーズ」の第4弾。長い人生のなかでさまざまな「許しがたい出来事」に遭遇した際、大人の男としてどのように対処するべきなのかをテーマに、著者の経験をひもときながらそのヒントを探ったエッセー集だ。

 著者にとって、「許すこと」の原体験は「決して人を羨んだり、人を恨んではいけません。そういうことをしていたら哀しみの沼に沈みますよ」という母親の言葉にあった。そして許せないという、その消すことができない感情を認め、許さなくてもいいからその感情を胸中に抱いたまま生きる方法を提案する。

 大切なのは、許せないものを目の前に引っ張り出して凝視しないこと。許せないものを抱えているのは決して自分ひとりではなく、誰もが生きている限り、許せないものに出合うものだと認識することが重要だという。傷ついた感情を回復するための安易な処方箋はないものの、どんなに哀しくてもそれを内にしまって、さまざまな事情を抱えていても平然と生きていく。そのような対処によって許せないことも、いつか生きる力になると、文面から静かに語りかけてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る