• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「時軸」山口保著

■時間が堆積した無機質の岩塊が放射するエネルギー

 海を望む岬や崖、そして内陸部の川辺などで岩塊の風景を撮影した写真集。かつて房総の岩礁海岸で「個としての岩」の「ポートレート」を撮影していたとき、足元に広がる圧倒的な存在感を示す岩盤に徐々に心を奪われ「おまえはなぜこれほど巨大で、膨大な時を重ねた存在に視線を向けないのか」と呼び止められる気がしたという著者が、本州と四国の「岩の国」16カ所を巡り撮影した力作だ。

 テーブルマウンテンのように海から屹立(きつりつ)した山口県萩市須佐の岩塊。風化という現象を拒絶してきたかのように、たった今、大地から屹立したばかりのように見えるその崖には、途方もない時間をかけて積み重ねられた岩の由来が一望できる。

 その他、命が出現する前の神々の時間を思わせる島根県出雲市大社町日御碕の風景や、独立峰のような高知県室戸市室戸岬町の海辺の岩塊、福井県坂井市三国町安島の天に向かってそびえる未来都市みたいな東尋坊の海から突き出た岩塊など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る