「秘薬秘具事典」渡辺信一郎著

公開日:  更新日:

■江戸のバイアグラは老人も“帆柱”のごとくビンビンに

 中高年を歓喜させたバイアグラがアメリカから日本に上陸したのは、平成10年のこと。しかし我が国には西洋医学に勝るとも劣らない秘薬が、すでに江戸時代には存在していた記録があるのだ。

 渡辺信一郎著「秘薬秘具事典」(三樹書房 3000円)では、江戸の性愛文化の全貌を、数々の文献と絵図によって紹介。閨房用の秘薬と秘具が江戸庶民にいかに浸透していたかが、臨場感たっぷりにつづられている。

 7日間服用すれば老人でもビンビンになるとして、バイアグラに劣らぬ効果を発揮していたと考えられるのが「危檣丸(ほばしらがん)」。1787年ごろ、両国の四つ目屋という店で売られていたとされる勃起薬だ。

 四つ目屋は薬の処方を企業秘密としていたため含有物は定かでないが、宣伝書によれば“此薬一廻り御用ひ被遊候らへば、いかほど弱き男根なりとも、精力を増し、もっとも御老人なりとも、心のままに強くすること、はなはだ妙なり”とある。男根が上向きに起立した様子を“帆柱が立つ”などと形容するが、帆柱丸ではあまりにもそのまま過ぎるため、高いを意味する「危」と帆柱を意味する「檣」を用いて危檣丸と命名したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る