「秘薬秘具事典」渡辺信一郎著

公開日: 更新日:

■江戸のバイアグラは老人も“帆柱”のごとくビンビンに

 中高年を歓喜させたバイアグラがアメリカから日本に上陸したのは、平成10年のこと。しかし我が国には西洋医学に勝るとも劣らない秘薬が、すでに江戸時代には存在していた記録があるのだ。

 渡辺信一郎著「秘薬秘具事典」(三樹書房 3000円)では、江戸の性愛文化の全貌を、数々の文献と絵図によって紹介。閨房用の秘薬と秘具が江戸庶民にいかに浸透していたかが、臨場感たっぷりにつづられている。

 7日間服用すれば老人でもビンビンになるとして、バイアグラに劣らぬ効果を発揮していたと考えられるのが「危檣丸(ほばしらがん)」。1787年ごろ、両国の四つ目屋という店で売られていたとされる勃起薬だ。

 四つ目屋は薬の処方を企業秘密としていたため含有物は定かでないが、宣伝書によれば“此薬一廻り御用ひ被遊候らへば、いかほど弱き男根なりとも、精力を増し、もっとも御老人なりとも、心のままに強くすること、はなはだ妙なり”とある。男根が上向きに起立した様子を“帆柱が立つ”などと形容するが、帆柱丸ではあまりにもそのまま過ぎるため、高いを意味する「危」と帆柱を意味する「檣」を用いて危檣丸と命名したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る