「鄙への思い」田中優子著、石山貴美子写真

公開日: 更新日:

■鄙と都との構造的問題に向かい合う

 東日本大震災で浮き彫りになった「鄙(ひな)」(都市部から離れた「いなか」)と「都」の関係を見つめるフォトエッセー。

 水俣事件と深くかかわってきた渡辺京二氏が講演会で発した「人間は土地に結びついている。土地に印をつけて生きている存在である。人間は死んだ人間の思いとつながって生きている」との言葉を心に刻んだ著者が引き込まれた一枚の写真。それは、山あいに美しく整えられ、田植えを待つばかりの田んぼの風景だった。何代にもわたって営々と続けられてきたであろうその田んぼを3基の墓が見守り、墓石には花が供えられている。

 その写真を手にして著者は「見守り、見守られる関係として、あらゆる死者とつながって生きるのが、鄙の生き方」であろうとつづる。

 元来、鄙は生産の場所であり、江戸時代は消費するだけの者や消費物を動かすだけの商人は価値が低い存在だと考えられていた。しかし、原発事故で福島が、生きることも困難な、再生することすら難しい地域になってしまったのはなぜか? 原因は、地震と津波ではなく、鄙が都の犠牲となることをあらかじめ位置づけられていたからではないかと問う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る