「鄙への思い」田中優子著、石山貴美子写真

公開日:  更新日:

■鄙と都との構造的問題に向かい合う

 東日本大震災で浮き彫りになった「鄙(ひな)」(都市部から離れた「いなか」)と「都」の関係を見つめるフォトエッセー。

 水俣事件と深くかかわってきた渡辺京二氏が講演会で発した「人間は土地に結びついている。土地に印をつけて生きている存在である。人間は死んだ人間の思いとつながって生きている」との言葉を心に刻んだ著者が引き込まれた一枚の写真。それは、山あいに美しく整えられ、田植えを待つばかりの田んぼの風景だった。何代にもわたって営々と続けられてきたであろうその田んぼを3基の墓が見守り、墓石には花が供えられている。

 その写真を手にして著者は「見守り、見守られる関係として、あらゆる死者とつながって生きるのが、鄙の生き方」であろうとつづる。

 元来、鄙は生産の場所であり、江戸時代は消費するだけの者や消費物を動かすだけの商人は価値が低い存在だと考えられていた。しかし、原発事故で福島が、生きることも困難な、再生することすら難しい地域になってしまったのはなぜか? 原因は、地震と津波ではなく、鄙が都の犠牲となることをあらかじめ位置づけられていたからではないかと問う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る