「男と女の江戸川柳」小栗清吾著

公開日: 更新日:

■「させろとはあんまり俗な口説きよう」

 江戸の庶民たちがなにより貴んだのは粋(いき)と洒落(しやれ)。それが試されるのが下ネタの世界。江戸川柳のなかでも「破礼句(ばれく)」と呼ばれる艶笑ものばかりを集めて解説したのが本書だ。

「木娘はさせそうにしてよしにする」
 処女なりに手練手管に長(た)けたさまが目に浮かぶようだ。

「蛸(たこ)の味万民是(これ)を賞玩し」
 イチモツに吸いつくタコのような名器。その味をみなが知っているとは……?

「町内で知らぬは亭主ばかりなり」
 現代ならさしずめ人妻AVの夫か。それでも、

「宝船皺になるほど女房漕ぎ」
 正月2日の姫始めの夜、寝床の下に敷いた縁起物の宝船の絵がシワだらけになるほど励んだ――というわけで、いずれもニヤリとさせる大人のユーモアが持ち味。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード