「男と女の江戸川柳」小栗清吾著

公開日: 更新日:

■「させろとはあんまり俗な口説きよう」

 江戸の庶民たちがなにより貴んだのは粋(いき)と洒落(しやれ)。それが試されるのが下ネタの世界。江戸川柳のなかでも「破礼句(ばれく)」と呼ばれる艶笑ものばかりを集めて解説したのが本書だ。

「木娘はさせそうにしてよしにする」
 処女なりに手練手管に長(た)けたさまが目に浮かぶようだ。

「蛸(たこ)の味万民是(これ)を賞玩し」
 イチモツに吸いつくタコのような名器。その味をみなが知っているとは……?

「町内で知らぬは亭主ばかりなり」
 現代ならさしずめ人妻AVの夫か。それでも、

「宝船皺になるほど女房漕ぎ」
 正月2日の姫始めの夜、寝床の下に敷いた縁起物の宝船の絵がシワだらけになるほど励んだ――というわけで、いずれもニヤリとさせる大人のユーモアが持ち味。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る