• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「NHKはなぜ金持ちなのか?」小田桐誠著

■ブラックボックス化した巨大組織

 受信料収入6387億円(12年度)。支出の最大の費目は、45%近くを占める報道取材費やシステム経費を含む国内放送費、中でも番組制作にはその半分が費やされる。ちなみに大河ドラマ1本の制作費は6000万円前後という。地上波とBSの番組制作費の区分の曖昧さや、もともとは受信料だった金が関連団体に資産として積み上げられている実態、民放並みの給料となった職員の人件費など、その会計にメスを入れる。

 一方で、最高意思決定機関の経営委員会の委員や執行部の選考など、ブラックボックス化した巨大組織の内奥に迫る。
(双葉社 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る