「NHKはなぜ金持ちなのか?」小田桐誠著

公開日:  更新日:

■ブラックボックス化した巨大組織

 受信料収入6387億円(12年度)。支出の最大の費目は、45%近くを占める報道取材費やシステム経費を含む国内放送費、中でも番組制作にはその半分が費やされる。ちなみに大河ドラマ1本の制作費は6000万円前後という。地上波とBSの番組制作費の区分の曖昧さや、もともとは受信料だった金が関連団体に資産として積み上げられている実態、民放並みの給料となった職員の人件費など、その会計にメスを入れる。

 一方で、最高意思決定機関の経営委員会の委員や執行部の選考など、ブラックボックス化した巨大組織の内奥に迫る。
(双葉社 880円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る