「ノラや」内田百閒著

公開日: 更新日:

ユーモアあふれる内田文学を堪能

 夏目漱石門下の小説家であった著者による、猫にまつわる作品集。

 ある日、一匹の野良猫が庭にすみ着くようになる。“ノラ”と呼べば“ニャア”と返事をするその雄猫を著者は大層可愛がるが、3月の寒い午後、ふらっと出かけていって帰らなくなってしまう。仕事も手につかず、風呂場のふたの上に寝ていたノラの姿を思い出し、悲しくて寂しくて10日以上も風呂に入れなくなる。

 新聞に猫捜しの広告を出し、「ノラやノラや、お前はもう帰ってこないのか」と嘆き悲しんでいたときに、塀の上に現れた貧弱な野良猫。ノラを思いながら、クルツと名付けたその猫も可愛くなってきて……。

 猫好きならば百閒氏の思いが手に取るように分かる、切なくもおかしな14編。
(中央公論新社 724円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

もっと見る