「ノラや」内田百閒著

公開日:  更新日:

ユーモアあふれる内田文学を堪能

 夏目漱石門下の小説家であった著者による、猫にまつわる作品集。

 ある日、一匹の野良猫が庭にすみ着くようになる。“ノラ”と呼べば“ニャア”と返事をするその雄猫を著者は大層可愛がるが、3月の寒い午後、ふらっと出かけていって帰らなくなってしまう。仕事も手につかず、風呂場のふたの上に寝ていたノラの姿を思い出し、悲しくて寂しくて10日以上も風呂に入れなくなる。

 新聞に猫捜しの広告を出し、「ノラやノラや、お前はもう帰ってこないのか」と嘆き悲しんでいたときに、塀の上に現れた貧弱な野良猫。ノラを思いながら、クルツと名付けたその猫も可愛くなってきて……。

 猫好きならば百閒氏の思いが手に取るように分かる、切なくもおかしな14編。
(中央公論新社 724円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る