「雑草社会がつくる日本らしい自然」根本正之著

公開日:  更新日:

■日本人の雑草観と雑草の効果

 雑草と人間社会との融合から日本らしい自然を再生するにはどうしたらよいかを考察したネーチャー・テキスト。

 人間は、雑草に対して駆除する一方で、保護、利用するという関係も続けてきた。弥生時代以前からの日本人の雑草観を概観しながら、そもそも日本らしい自然とは何かを考える。さらに取っても取っても生えてくるのはなぜかなど「雑草社会」の仕組みを解説。一定期間、雑草に囲まれて育った作物が除草した場合よりも収量が多くなるなど、雑草の効果を挙げながら、帰化雑草を排除して在来種を植え、生物多様性に富んだ本来の自然を取り戻している取り組みなどを紹介する。
(築地書館 2000円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る