「くう・ねる・のぐそ」伊沢正名著

公開日: 更新日:

 し尿処理場の建設反対運動をきっかけに自身のウンコ問題に思いを巡らせた著者は、食べたものを自然に返すために野糞(のぐそ)を実行。以来、35年間でその数は1万回に及び、今世紀に入ってからは一度もトイレでウンコをしていないという。本書は、国内はもちろん世界各地で敢行してきた野糞体験を振り返りながら、その試行錯誤の過程やこだわり、そして野糞の醍醐味までをつづった奇書。

 野糞跡を掘り返す追跡調査も行い、ウンコが土壌生物にとってのごちそうであることも紹介。ウンコを通じて真のエコロジーとは何かを問う。

(山と溪谷社 980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る