「くう・ねる・のぐそ」伊沢正名著

公開日:  更新日:

 し尿処理場の建設反対運動をきっかけに自身のウンコ問題に思いを巡らせた著者は、食べたものを自然に返すために野糞(のぐそ)を実行。以来、35年間でその数は1万回に及び、今世紀に入ってからは一度もトイレでウンコをしていないという。本書は、国内はもちろん世界各地で敢行してきた野糞体験を振り返りながら、その試行錯誤の過程やこだわり、そして野糞の醍醐味までをつづった奇書。

 野糞跡を掘り返す追跡調査も行い、ウンコが土壌生物にとってのごちそうであることも紹介。ウンコを通じて真のエコロジーとは何かを問う。

(山と溪谷社 980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る