「くう・ねる・のぐそ」伊沢正名著

公開日:  更新日:

 し尿処理場の建設反対運動をきっかけに自身のウンコ問題に思いを巡らせた著者は、食べたものを自然に返すために野糞(のぐそ)を実行。以来、35年間でその数は1万回に及び、今世紀に入ってからは一度もトイレでウンコをしていないという。本書は、国内はもちろん世界各地で敢行してきた野糞体験を振り返りながら、その試行錯誤の過程やこだわり、そして野糞の醍醐味までをつづった奇書。

 野糞跡を掘り返す追跡調査も行い、ウンコが土壌生物にとってのごちそうであることも紹介。ウンコを通じて真のエコロジーとは何かを問う。

(山と溪谷社 980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る