「くう・ねる・のぐそ」伊沢正名著

公開日: 更新日:

 し尿処理場の建設反対運動をきっかけに自身のウンコ問題に思いを巡らせた著者は、食べたものを自然に返すために野糞(のぐそ)を実行。以来、35年間でその数は1万回に及び、今世紀に入ってからは一度もトイレでウンコをしていないという。本書は、国内はもちろん世界各地で敢行してきた野糞体験を振り返りながら、その試行錯誤の過程やこだわり、そして野糞の醍醐味までをつづった奇書。

 野糞跡を掘り返す追跡調査も行い、ウンコが土壌生物にとってのごちそうであることも紹介。ウンコを通じて真のエコロジーとは何かを問う。

(山と溪谷社 980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  6. 6

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  7. 7

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

もっと見る