「朝日新聞 日本型組織の崩壊」 朝日新聞記者有志著

公開日: 更新日:

 部数こそ読売の後塵を拝するものの“ニッポンの大新聞”といえばやはり朝日だ。その朝日が前代未聞級のスキャンダルを連発。まさに日本のジャーナリズムの危機にほかならない。

だが、現役の「記者有志」による本書によれば25年前に同社のカメラマンが故意にサンゴに傷をつけた「朝日サンゴ事件」のときから体質は一向に変わらないという。「官僚的に突っぱねたり、たらい回しにしたり、時には声高にねじ伏せたり、非を部分的にしか認めないで姑息な話のつけ方をしたり」は同事件の際の「反省」だったが、今回のスキャンダルにそのまま当てはまる。

 筆記試験だけでも競争率30倍という難関をくぐりぬけた学歴エリートたち。そのプライドとエリート臭が邪魔して泥くさい取材になじめず、東京本社に転勤できるよう上司や先輩の顔色ばかりうかがう癖が強くなる。こうして人事評価に障りが出るのを恐れて誤報の訂正もしたがらないという体質が築かれていくのだ。「吉田調書」「慰安婦問題」の検討のほか、社内の権力闘争の生ぐさい話も満載。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る