「銀幕の村」西出真一郎著

公開日: 更新日:

 心に残る映画の舞台となったフランスの田舎町を訪ね歩く紀行エッセー。

 病に侵された若い司祭が、赴任先の小さな村で村人たちの魂の救済に奔走する姿を描いた「田舎司祭の日記」(1950年)。その舞台であるアンブリクールは、パリから列車を乗り継ぎ到着したエダン駅から十数キロ離れた場所にあり、宿泊したエダンのホテルの主の車で向かう。司祭役のクロード・レイデュほど美しい横顔の俳優は見たことがないと語りながら、映画を見て思い出した中学時代の級友についてつづる。その他、「ショコラ」が撮影されたフラヴィニー村など、鉄道を乗り継ぎ名画の舞台10カ所を巡る。

(作品社 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る