「無銭横町」西村賢太著

公開日:  更新日:

 20歳を目前にした貫多は、3カ月過ごした横浜を引き払い、要町の安アパートに引っ越す。これまでの怠惰な生活を改めようと、心機一転を期して横浜に行ったのだが、失恋と失業で決意はもろくも砕け、東京に舞い戻って来たのだ。しかし、その間に貫多は、作家・田中英光の小説に出合い、かつてない興奮を覚え、以来、田中の小説が心の支えとなってきた。さっそく神田の古書店へ足を運んだ貫多は、田中英光の作品を入手。その後も日雇いの日当からわずかな金を積み立て、家賃も払わずに田中の初版本を買いあさる日々が続く。(「菰を被りて夏を待つ」)

 無頼派私小説家の最新作を編んだ短編集。

(文藝春秋 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る