「贅沢のススメ」本城雅人著

公開日:  更新日:

 会社を売却して利ザヤを稼ぐ投資会社の社長・藤浪は、高級品を扱う会社にしか興味がない。そんな藤浪が、新たに目をつけたのは人気シェフ石嶋が経営するイタリアンレストランだった。

 早速、店に乗り込んだ藤浪は、帳簿を念入りにチェック。部下の哲也はウエーターとして働き始める。それがいつもの流儀だった。

 石嶋がテレビ出演で留守の間、フロアは古参のスタッフ英子が仕切っていた。2人は恋人かと思われたが、そうではないようだ。(「薀蓄家のイタリアン」)

 その他、オーダーメードの高級シャツ店や高級木製椅子のデザイナーなど、買収劇を通して一流の人々の生きざまを描く連作小説集。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る