「叛徒」下村敦史著

公開日:  更新日:

 新宿警察署の中国語担当の通訳捜査官・七崎は、2年前、同じ仕事をしていた義父が取り調べ中に行った不正を見過ごすことができず告発する。法廷で違法行為を認めた義父は自殺。以来、同僚らの冷たい視線を浴び、妻との関係も悪化していた。

 ある日、歌舞伎町の路地で他殺体が見つかり、通報者の中国人・王の事情聴取に同席。王の話では逃走した犯人は、背中に龍が描かれた水色のジャンパーを着ていたという。帰宅した七崎は、無断外泊した中学生の息子・健太の部屋で王の証言通りの血まみれのジャンパーが隠してあるのを見つける。

 昨年度江戸川乱歩賞受賞作家の待望の第2作。

(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る