「東北朝市紀行」池田進一著

公開日:  更新日:

 朝市に魅せられ、20年間撮影を続けてきた著者によるフォトエッセー。東北各地の朝市で出会ったおばさんたちとのおしゃべりを土地の言葉そのままに再現し、写真とともに紹介する。

 青豆を粉にして水で練って焼いた「じんだもち」の作り方、食べ方をとつとつと語る人、持ち込んだ山菜が全部売れ「ここさ座って下さい、話しっこしましょ」と山菜について教えてくれた人など、約500年の歴史があるという秋田県の五城目の朝市で出会った人々をはじめ、山形県肘折温泉や、岩手県久慈など。観光朝市とは異なり、土地の人々の生活に密着した「市日」と呼ばれる市のざわめきの中から消えゆく伝統食や風習をすくい取った貴重な記録。

(こぶし書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る