「東北朝市紀行」池田進一著

公開日: 更新日:

 朝市に魅せられ、20年間撮影を続けてきた著者によるフォトエッセー。東北各地の朝市で出会ったおばさんたちとのおしゃべりを土地の言葉そのままに再現し、写真とともに紹介する。

 青豆を粉にして水で練って焼いた「じんだもち」の作り方、食べ方をとつとつと語る人、持ち込んだ山菜が全部売れ「ここさ座って下さい、話しっこしましょ」と山菜について教えてくれた人など、約500年の歴史があるという秋田県の五城目の朝市で出会った人々をはじめ、山形県肘折温泉や、岩手県久慈など。観光朝市とは異なり、土地の人々の生活に密着した「市日」と呼ばれる市のざわめきの中から消えゆく伝統食や風習をすくい取った貴重な記録。

(こぶし書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る