「東北朝市紀行」池田進一著

公開日: 更新日:

 朝市に魅せられ、20年間撮影を続けてきた著者によるフォトエッセー。東北各地の朝市で出会ったおばさんたちとのおしゃべりを土地の言葉そのままに再現し、写真とともに紹介する。

 青豆を粉にして水で練って焼いた「じんだもち」の作り方、食べ方をとつとつと語る人、持ち込んだ山菜が全部売れ「ここさ座って下さい、話しっこしましょ」と山菜について教えてくれた人など、約500年の歴史があるという秋田県の五城目の朝市で出会った人々をはじめ、山形県肘折温泉や、岩手県久慈など。観光朝市とは異なり、土地の人々の生活に密着した「市日」と呼ばれる市のざわめきの中から消えゆく伝統食や風習をすくい取った貴重な記録。

(こぶし書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る

人気キーワード