• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いなくなった私へ」辻堂ゆめ著

 主人公は人気絶頂のシンガー・ソングライターの上条梨乃。物語は梨乃が突然、渋谷のごみ捨て場で目を覚ますところから始まる。泥酔して倒れていたのか、全く記憶のないまま慌てて歩き出した梨乃は、誰もが自分を有名人の上条梨乃だとわからないことに気づく。その上、街の電光掲示板には、自分が自殺したというニュースが流れていた。混乱のなか、シンガーの梨乃だと認識してくれた大学生・佐伯優斗や、梨乃と同じように誰ひとり自分に気づいてくれないと訴える少年・立川樹と共に、自分の存在が消えた謎を解こうとするのだが……。

 本書は、第13回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞の受賞作「夢のトビラは泉の中に」を改題し加筆したもの。現役東大生のデビュー作としても注目を浴びた。本人の意識は続いているにもかかわらず周囲の人々からは別人としてしか認知されず、自分は死んだことになっているという奇想天外な謎を解き明かす展開に引き込まれる。(宝島社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る